子宮内膜炎と不妊症の関係

原因不明の不妊症の方で特に体外受精を何回行ってもうまく着床しない、習慣流産を繰り返してしまう方は1回産婦人科などで子宮内膜炎の検査を行う事をおすすめします。

【子宮内膜炎】とは?子宮内腔をおおっている子宮内膜の炎症のことです。

細菌感染による炎症が原因になります。主な起炎菌としては、大腸菌、腸球菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、淋菌(りんきん)、結核菌、バクテロイデス、ペプトコッカスなどです。

自覚症状として下腹部の不快感、下腹部痛、微熱などの症状が多いのですが、膿性帯下(のうせいたいげ)、不正出血などもみられることがあります。無症状という方も多いと聞きますので知らないうちに罹患している場合もあります。子宮内膜炎は、急性と慢性とに分類できます。急性子宮内膜炎は、月経時に機能層が剥離(はくり)することにより細菌も排出されて、自然に治ることもあります。慢性子宮内膜炎は、感染が子宮内膜の基底層まで波及する場合で、月経時に基底層が排出されないため感染は慢性化します。病院でしかるべく治療を行う必要があります。

子宮内膜炎も不妊症の原因になってきますので罹患している方はきちんと治療を行って下さい。

 

千葉不妊子宝センター

verdure鍼灸サロン 山浦弥

ヴェルデュール鍼灸サロンの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Yamaura
Yamaura
千葉県市原市で不妊鍼灸整体術を行っている山浦 弥(やまうら わたる)と申します。
verdure鍼灸サロンのverdure(ヴェルデヴュール)の意味は、新芽、若葉、新緑、活気、活力などの意味があります。ここの場所から新たな生命やエネルギーが生まれてきて欲しいという想いで決めました!
誠心誠意、お体のケアをさせていただきます。