妊活中に飲むおすすめ飲料7選

おはようございます!

今回は妊活中に飲むおすすめ飲み物を紹介していきます。

 

: 水(常温か白湯)

私たちの60~70%は水分で構成されています。体に害のない水を飲んで汗や尿で体に溜まった老廃物を出してあげる。体のデトックス効果で生殖機能の向上はもちろん体全体の機能向上も期待出来ます。目安として自分の体重×30の水を摂りましょう。

50キロの方なら50×30=1500なので1.5ℓになります。

 

:ルイボスティー

南アフリカで栽培できる、ルイボスという植物の葉から作られます。

ルイボスティーには鉄、亜鉛、マグネシウム、ポリフェノールなどが多く含まれ抗酸化作用もあります。女性だけではなく男性側の問題にもアプローチできるので卵子と精子の質を高めることにより受精の可能性が高まります。

 

:麦茶

麦茶にはカルシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などの抗酸化作用があるミネラルと、ピラジンという成分が含まれています。この成分は血液をサラサラにしてくれます。新陳代謝がアップしますので老廃物も体外に排出しやすくなり卵子の質の向上が期待できます。

カリウムも利尿効果がありますのでむくみ防止にもなります。

夏の定番飲み物だと思いますが、夏の時期は常温か温かい状態で飲んで下さい。

 

:ハーブティー

西洋の漢方とも言われているハーブです。

1種類で飲むのも良いですしいくつかのハーブをチョイスしてブレンドするのも良いと思います。

有名なハーブでは「シャタバリ」は女性のホルモンバランスを整え生理周期を正常にする効果が期待出来ます。

「ネトル」は、鉄分、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムを多く含んでいるハーブで貧血の方には特におすすめのハーブになります。血行促進作用が強く期待出来ます。その分心臓に病気がある方は血行促進が強く心臓に負担がかかる場合もあるので医師に相談してからにして下さい。

「ローズヒップ」もビタミンC、ビタミンE を多く含み抗酸化作用があるので、妊活中の女性向きです。特にビタミンCに関しては直物の中でもダントツにビタミンCが多く入っています。ホルモンバランスの調整や生理不順を整える事に期待が出来ます。

注意するハーブとしては

他にもジンジャーやオレンジピールなどもありますのでハーブ専門店などで相談するとあなたにピッタリなハーブティーが作れますよ!

:タンポポ茶

タンポポ茶で子宮内膜の血流増進を促しますので生殖機能の向上が期待出来ます。

しかもノンカフェインでコーヒーのような味もするのでコーヒー好きな方にはおすすめです。もっとも今はノンカフェインのコーヒーもありますけど。タンポポ茶は鉄分やカリウムも豊富に含んでいるのでノンカフェインコーヒーよりおすすめです。

:黒豆茶

黒豆茶は成分にポリフェノールやイソフラボン、レシチン、ビタミンE、タンパク質を含んでいるため女性ホルモンの働きを助けてくれます。さらに血液をなめらかにする効果があります。血液の循環が良くなると体全体の機能や免疫力も上がります。もちろん卵巣や子宮などの生殖機能の向上も期待出来ます。

:ゆず茶

ゆず茶には葉酸とビタミンCが豊富に含まれています。

葉酸は血の生成には欠かせませんしビタミンCも抗酸化作用もあり卵子の質の向上に期待出来ます。個人的にはゆずの香りがとても好きなのでリラックス出来る利点もあります。

市販で売っているゆず茶は砂糖を使用しているので飲み過ぎには注意が必要になってきます。

今回紹介した飲み物はもちろん男性やお子様でも飲めます。味に独特な物もありますのでご自身がリラックス出来て美味しいと思えるものが理想かなと感じます。美味しくないと継続って難しいですからね!

他にもいろいろ妊活に良い飲み物はあると思いますので参考までにしてください(^o^)

ヴェルデュール鍼灸サロンの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Yamaura
Yamaura
千葉県市原市で不妊鍼灸整体術を行っている山浦 弥(やまうら わたる)と申します。
verdure鍼灸サロンのverdure(ヴェルデヴュール)の意味は、新芽、若葉、新緑、活気、活力などの意味があります。ここの場所から新たな生命やエネルギーが生まれてきて欲しいという想いで決めました!
誠心誠意、お体のケアをさせていただきます。