子宮力アップの方法

こんにちは!

 

 みなさん十五夜の月は眺めましたか??

 

夜空をゆっくりと眺める心の時間と余裕を持ちたいものですね~

 

今日は子宮力アップの生活習慣改善を提案します!

 

 

 

子宮力アップの生活習慣改善

 

 

 

  • 睡眠のリズムを整える

 

夜更かしをしたり休日に寝だめをしたりすると、体内リズムに悪影響アリ。 睡眠のリズムを整えるには、起きる時間を一定にして、朝日をしっかりと浴びるようにするのがオススメ。そのためには早寝、早起きは基本になってきます。理想は22時就寝ですが、それは厳しいという方が多くいると思うので目標23時までには就寝するように心がけてみて下さい。女性ホルモンの分泌は午前2時前後に活発になるみたいですのでその時間にはぐっすり睡眠中でありたいですね。

 

 

 

  • ストレスを早めに解消

 

ストレスを感じると自律神経のバランスがくずれやすく、血流が鈍くなって冷えの原因に。自分が心地よいと感じる方法で、早めにストレスを解消しましょう。

 

現実仕事や家事などでストレス0にはならないと思います。一番怖いのはストレス自体が目に見えないもので体に不調がでてストレスと感じる方が多い事です。

 

妊活中は何かと敏感になる事が多いので体に出る前に、ストレスをリセットして下さい。

 

 

 

  • 冷えを改善する

 

体を冷やすと、子宮や卵巣への血流が鈍くなって機能が低下するので、生足など露出の多いファッションはひかえめに。適度な運動や入浴で体を温めましょう。

 

首、手首、足首を冷やさないでください。

 

特に、首と足首は冷えを改善したいなら意識して、ネックウォーマーやレッグウォーマーなどを上手に活用しましょう

 

 

 

  • 禁煙・お酒は控えめ

 

喫煙すると体内に有害物質が入るだけでなく、血管が収縮して子宮や卵巣の血流が鈍り、機能低下につながります。すぐに禁煙を。アルコールは適量と言われる量。

 

ビールなら350ml1本、ワイン2杯、ウイスキー水割り1杯程度くらいですかね。

 

 

 

分からない事があればお気軽にお問い合わせください~(^o^)

ヴェルデュール鍼灸サロンの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Yamaura
Yamaura
千葉県市原市で不妊鍼灸整体の治療を行っている山浦 弥(やまうら わたる)と申します。
verdure鍼灸サロンのverdure(ヴェルデヴュール)の意味は、新芽、若葉、新緑、活気、活力などの意味があります。ここの場所から新たな生命やエネルギーが生まれてきて欲しいという想いで決めました!
誠心誠意、治療をさせていただきます。