こんにちはー )^o^(

 

今日は不妊治療でも大切な食事について一緒に知識を高めていきましょう!!

 

 

 

妊娠力を高めるために、見直したい日々の食事です!!

 

妊娠力を高めるために卵子の質をよくする食べ物をまとめてみました!

 

・冷たいものをとりすぎないこと

 

・甘いものをとりすぎないこと

 

・肉食に偏らないこと。バランス良くたべる

 

・大食い、早食いしないこと

 

これから夏になると、冷たい飲み物が恋しくなりますが水やお茶でも冷えているもの

 

は基本的に妊活をしている体には良くありません。

 

常温と言われる、冷たくもない温度か暖かいと言われる温度の物を体に取り入れてい

 

きましょう!!

 

最近のコンビニでは常温の飲料水も売ってあるので上手に活用して生活ライフを楽し

 

んでくださいね(*^^*)

理想は、玄米に野菜や魚の食事。
玄米は日本人の主食として、昔はよく食べられていました。
玄米には白米にはない胚芽があります。
胚芽には各種ビタミンや、ミネラル繊維質が豊富に含まれて
おり、生命力に満ち溢れています。

 

玄米は蒔けば芽が出ますが白米ではどんなに頑張っても芽は
出ない、ここがポイントです。
玄米には、新しい生命を生み出す栄養素があります!

 

玄米、ぜひ取り入れてみてください。

 

 

 

プラス、特に妊娠力をあげる食べもの
・アボカド
・ニンニク
・かぼちゃの種
・ハチミツ
・シナモン
・レンズ豆
・青物野菜
・梅干
・玄米
・冷水魚(ニジマス・アユなど)

 

 

 

ナッツ類はよくいわれますね、不妊に良い食べものだと。
知識として、頭の中にいれておくと良いかな、と思います。

 

大切なのは、冷やす食べ物を絶対食べないではなくて、温める食べ物を多く摂取することです!

 

ヴェルデュール鍼灸サロンの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Yamaura
Yamaura
千葉県市原市で妊娠子宝鍼灸整体術を行っている時田 弥(ときた わたる)と申します。
ここの場所から新たな生命やエネルギーが生まれてきて欲しいという想いで鍼灸治療を行っております。
誠心誠意、お体のケアをさせていただきます。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

千葉県市原市で妊娠子宝鍼灸整体術を行っている時田 弥(ときた わたる)と申します。
ここの場所から新たな生命やエネルギーが生まれてきて欲しいという想いで鍼灸治療を行っております。
誠心誠意、お体のケアをさせていただきます。

目次
閉じる